思春期ニキビと皮脂


思春期ニキビのスキンケア

思春期ニキビと皮脂

思春期ニキビのスキンケア
思春期ニキビのスキンケア方法は、過剰に分泌されてしまった皮脂を適正なレベルまで戻すということにあります。若いうちはゴシゴシと洗おうとしてしまうものかもしれませんが、肌が傷んでしまうまで擦ってしまうのは逆効果。思春期はホルモンバランスの関係から皮脂が多くなってしまうのは当然のこと。全部取り除こうと思う必要はありません。むしろ、皮脂を取り除こうとすると肌がバリアを作ってしまい、余計に皮脂ができてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

皮脂は必ずしも悪い存在ではありません。肌の潤いを逃さないようにするバリアのような役割を持っています。ニキビの原因としてやり玉に挙げられてしまいがちですが、余分な皮脂が分泌されなければニキビになることはないのです。毛穴の詰まりを取り除いてあげれば、十分なケアができるということです。

皮脂を取り除こうとして、過剰なまでに強く洗ってしまうと、身体は肌を守ろうとします。そのため、余計に皮脂を出しますし、皮膚の角質化が進み、毛穴の中に汚れが溜まりやすい状態になってしまいます。人間の身体のメカニズムについて考えると、このようなサイクルに陥らないよう注意して優しく洗ってあげましょう。