思春期ニキビの原因とは


ホルモンバランス

思春期ニキビの原因とは

ホルモンバランス
中高生の時期に悩まされてしまうニキビ。周囲に相談しても、成長すれば自然とホルモンバランスの乱れも収まり、治るから大丈夫だという意見も多いと思います。事実、20歳を過ぎた頃にはニキビの悩みが解消したという方も珍しくありません。しかし、本人にとっては悩まされているこの瞬間がつらいのではないかと思います。まずは、思春期ニキビがどのような原因でできてしまうか考えてみましょう。

思春期ニキビはホルモンの過剰な分泌が原因です。男性はテストステロン、アンドロゲンといったものが、女性はエストロゲンが体内で生成されるようになります。男性は男性らしく、女性は女性らしい身体付きに変化するために、体内環境が変化するのです。ニキビは、ホルモンの分泌に伴って皮脂の分泌量が増えることから、毛穴の詰まりが起きてしまうせいで発症するのです。結果、皮膚の上で炎症を起こしてニキビができてしまうのです。

同時に、思春期ニキビの場合、大人と比較すると治しやすいという傾向があります。皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は活発に行われているため、正しいスキンケアを行えば治りも早いというわけです。思春期ニキビの原因を理解し、適切なお手入れを知ることが早期の解決につながるのです。