思春期ニキビに関する悩み


思春期ニキビ

思春期ニキビに関する悩み

思春期ニキビ
中高生は悩みが尽きないもの。勉強、部活、恋愛など、さまざまなことを考え、どのように壁を乗り越えていこうかと考える時期だと思います。この時期の少年少女にありがちな疑問のひとつとして「どうしたらニキビができないか」「どうしたら顔のブツブツがキレイになるか」ということがあると思います。基本的に、10代が避けて通れないようなことではありますが、解決方法についてご紹介したいと思います。

思春期のニキビは自然と起こるものです。一生つきまとうものではなく、結論から言えば気にすることはありません。その理由は成長するためにホルモンを過剰分泌し、身体の状況に大きな変化が現れるからです。結果として、皮脂も大量に出てしまい、毛穴の詰まりが発生。ニキビができやすい状態になってしまいます。大体、高校を卒業するであろう18歳から、遅くても20歳までの間に身体が完成するので、それとともにニキビの発生も収まっていくことになります。

しかし、思春期のニキビは本人にとって大きな悩みではないかと思います。顔にできてしまうのが気になって膿を出したり、ニキビを潰してみたりする方も少なくないでしょう。こうしたことを繰り返していると、顔の周りのブツブツがひどくなってしまい、クレーターのような状態になってしまうこともあります。跡ができてしまうと、長い間引きづらなければならない可能性もあるため、できるだけ潰さないようにしてください。

思春期のニキビはTゾーンを中心に発生します。つまり、おでこや鼻といった皮脂が分泌しやすい部分にできるのです。よく、ニキビ占いと言って恋愛に関する占いをするものがありますが、「想い」にあたるのは、おでこの部分にできるニキビです。思春期は、異性のことを考えているケースも多いと思います。だからこそ、おでこにできたニキビを見て「片思いをしている」と捉える説が生まれたのでしょう。もちろん、占いには医学的根拠はありませんが、それだけニキビにはさまざまな迷信があるのです。

思春期のニキビは本人にとって大きな影響を与えるものではないでしょうか。「気にすることはない」と親や周囲は思うかもしれませんが、本人にとっては絶対にどうにかしたいと思うほどの悩みのはずです。ご家族の方は本人を見守りつつ、できる限りのアドバイスをしてあげるようにしてください。また、ご本人であれば、当サイトを通じて、どのようにケアすればニキビが発生しないかを理解するきっかけとしていた抱ければ幸いです。